貸会議室関連情報

HOME貸会議室の支払い方法

最終更新日:2017/09/13

貸会議室の支払い方法

ペンとノート

貸会議室を借りる際に気になるのは、費用の問題です。人によって、また企業によって、貸会議室に求めるものは変わってくるかと思いますが、一番重要なのはやはり費用でしょう。一等地にあるようなビル内にある貸会議室になると、同じ規模のビルのものと比べても、2倍以上の値段がするところがあります。
ただ、こういったビルを利用する会社というのは、上場企業や利益がうなぎ登りのベンチャー企業のような会社です。地道にコツコツ利益を積み重ねていく会社には、それ相応にリーズナブルな貸会議室を選べばいいだけのことです。
内装が綺麗というのは、お金をかけたり、元から状態の良かったオフィスを購入すればいいので、経済力のある会社なら難しくありませんが、利用者サイドとしては、それ以外のサービスにも目が行きますよね。
とある会社の話ですが、そこでは会議やイベントの運営をサポートしてくれる、秘書のように動いてくれるスタッフを派遣してくれるサービスを提供しているところがあります。具体的に何をしてくれるか、ですが、当日のプレゼン等で使う資料を預かってくれたり、急きょ欠席することになった人が出た場合、会社の担当者へ電話をしてくれたりします。また、その会議に最適な形で椅子やテーブルのセッティングもしてくれます。本当に場所だけを貸す会社がある中で、こういったサービスを行っている会社というのも、独自の特徴がありますね。
さて、貸会議室の利用時に気になるのが、支払いはどうすれば良いのか、ではないかと思います。これは会社にもよるのですが、まず電話予約をして欲しいという会社が多いようです。その後申込書を送るように言われますので、それを提出し、受理されれば本予約となります。請求書が送られてくるので、そこに記載されている口座に振り込んで下さいと言ってくる会社もありますが、クレジットカードで支払いのできる会社もあります。これは、会社によって違ってきますので、各サイトの支払い方法の項目については、よく吟味されてから申し込みをされるのが無難です。
最後に、貸し会議室を借りる際に気をつけて頂きたいのは、キャンセル料とそれが発生する日程についてお話します。貸会議室会社にとって一番の損失は約束日が近づいた段階でのキャンセルです。これは大きな迷惑がかかりますから、使用料の80%、あるいは全額を請求してくる会社もあります。もちろんキャンセルはしない方が良いのですが、予期せぬことが起こらないとも限りません。
貸会議室を選ぶ時は、支払方法とともにキャンセル料についてもきちんと調べておきましょう。

一覧はこちら

貸会議室ランキング

TOP