貸会議室関連情報

HOME貸会議室のケータリングはどうすればいい?

最終更新日:2017/09/13

貸会議室のケータリングはどうすればいい?

会議中

貸会議室で会議を長時間していると、だんだん頭の働きが悪くなってきます。難しい問題について頭を悩ませれば悩ませるほど、脳の糖はどんどん消費されていくわけですから、当然ですね。できれば、休憩をとって食事でも取りたいところですが、ここで問題がひとつあります。その貸会議室、ケータリングはありますか?
詳しい方には釈迦に説法ですが、貸会議室にはケータリングがあるところと、そうでないところがあります。厳しい会社だと飲食厳禁だという場所もあるんです。
そう考えると、貸会議室だからと言って、発表するための器具さえ揃っていれば完璧ということにはなりません。ケータリングが用意できる場所かどうかも、充分に会議室の選定基準になります。
「ケータリングって、サンドイッチとか簡単なものしか出せないんじゃない?」と考える方もいるでしょうが、凝っている会社では弁当会社や割烹店と提携していて、本格的な味の弁当を出しています。会議というのは総じてシリアスな空気になりがちなものです。そんなときに、美味しい弁当が出てくれば、それが会話が弾むきっかけとなって、空気を和ませてくれることもあります。
以上、会議におけるケータリングについて説明しましたが、ある会社ではパーティープランなるものが用意されていて、オードブルを提供してくれるところもあります。これは会議の休憩時間に食べるのではなく(もちろん食べても良いのですが)、パーティー用のプランになっています。
貸会議室でパーティーと聞くと、なんだか変な感じがしますが、現在は貸会議室をパーティー(歓迎会や送別会)として利用するところが増えています。わざわざそうする理由としては、会社には全員が集まってゆっくりできるスペースがない場合ですね。もうひとつは立食形式でパーティーができるという点です。歓迎会や送別会なら居酒屋でもできると思われるでしょうが、そういったお店は一度席を決めてしまうと、移動するのが大変です。立食なら話したい人のところに行くのが簡単ですから、いろいろな人と交流するにはうってつけなのです。
ケータリングの利用法ですが、貸会議室を運営しているある会社ではフリーダイヤルから連絡すると、後日お店から連絡が来る、という流れになっています。あとは日にちを指定しておけば、食事を楽しめるというわけです。
もし会社で幹事などをされている方は、一度貸会議室のケータリングを利用してみるのも、新しい刺激があって面白いのではないでしょうか。

一覧はこちら

貸会議室ランキング

TOP