貸会議室関連情報

HOME貸会議室のメリットとは

最終更新日:2017/09/13

貸会議室のメリットとは

白いテーブルとイス

貸会議室を大阪で借りるメリットには何があるのでしょうか。もし大手企業であれば、自社で所有している大きな会議室があるから必要なさそうだし、中小企業が借りるのだろうか。いろいろと疑問はつきませんが、以下に解説してきます。
大手と言っても、近年は邪魔な不動産や施設を保持していても仕方がないと考えるところも増えています。特に大人数を収容できる会議室を使う機会は、1年にそう何十回もあるわけではありませんから、手放せるものは手放します。もし会議が必要になれば、その都度借りてしまったほうが、はるかに安上がりなのです。
また、就職説明会や、社内研修を行うさいにも貸会議室は役立っています。最近ではセキュリティーの厳しいビルになると、人の出入りの管理にも厳しくなっているところがあります。そこに、就職活動生にぞろぞろ来られても、処理が大変になる。それなら貸会議室で良いじゃないか、ということになるわけです。また、同様の理由から、記者会見もメディアを社内に入れると、何かとややこしいから別の場所で開くときにも貸会議室が使われることもあります。
会議室を自社所有にしないというのは、現代日本の働き方の変化にも要因があります。ネット環境がこれだけ整備されてくると、パソコンが一台あれば営業中でも社内の人間と話ができますし、情報共有もSNSやソフトウェアを駆使すれば、それほど難しくありません。こういう時代になってくると、そもそも一か所に集まって何かをするという機会も自然と減ってきます。こういった理由から会議室はレンタルで、と考える会社が増えたのかも知れません。
実を言うと、貸会議室はビジネス以外の使われ方もしています。それは例えば習い事であったり、サークルであったり、要するに趣味の分野ですね。当たり前のことですが、習い事教室をする場所をどこかに確保する場合、初期投資の費用は馬鹿になりません。人が来やすい場所にとなると、借りるだけでも大変です。そもそも、コンスタントに教えるわけではなく、週のちょっとした空き時間に教えたい場合は、どこかのビルの元オフィスを利用したほうが、お金の面でも都合が良いのです。
また、そもそもサークルのような、完全に趣味の集まりでも、貸会議室は役に立ちます。趣味だから強制ではなく、たまに集まれる広い場所が良い。例えば、映画同好会でしたら、小さな画面で見るよりもスクリーンのほうが迫力があります。
このように、名前こそ「会議室」になっていますが、何もビジネス目的だけではなく、もっと幅広く利用する可能性がある。それが貸会議室のメリットと言えます。

一覧はこちら

貸会議室ランキング

TOP